合同説明会は知らない企業に出会えるチャンス

就職活動をするとき、良く名前を知っている企業や就職したいと思っている企業を重点的に行いがちです。
私も就職したい企業をしぼり、その企業を中心にした情報収集に努めていました。



そんなとき、大学が主催している合同説明会のツアーがあったので参加しました。


ドームでの大規模な説明会で、私の大学は地方だったこともあり、高速バスに乗っての参加でした。合同説明会に参加した理由は友人も参加していたからというのもありますが、就職活動というものが漠然としていてイメージが掴めていなかったからです。まだ会社訪問を行う前だったので、就職したい企業はあってもそこで実際にどんな風に働くのか分からなかったのです。
説明会には、数多くの企業ブースがありました。

事前にどんな企業があるか調べたりもしたのですが、インターネットの情報と、実際の社員の方の話を聞くのでは感じ方が全く違いました。
人気のあるブースは人があふれていて個人的な質問は後からしかできなかったのですが、人が少ないブースでは一対一で長く話すことができました。

それだけで、企業のイメージが大分変わったのも事実です。


名前も知らないような、人があまり集まっていない企業は初め避けていたのですが、人が少ない分話をじっくり聞くことができました。


そこで働き手の心意気、福利厚生などの具体的な話を聞くことで、ここで働きたいと思う企業にも出会えました。



合同説明会は企業のブースも多いため下調べ無しでは深く話を聞くことはできないかもしれませんが、知らない企業と新しい出会いがある場でもあります。

就職活動で悩まれている方には、是非積極的に参加されることをお勧めします。